水餃子の食べ方を熱く語るブログ

日本人には少しマイナーな水餃子の美味しい食べ方を語ります。

焼き餃子と水餃子の皮はどう違うのですか?

焼き餃子と水餃子は作り方以外の違いと言ったら

でしょう。

 

二つがどう違うのかお伝えします。

 

f:id:yuu1985t:20170515215047j:plain

焼き餃子ってパリッとしか感じですよね。

あのパリパリ感でお酒が進むんです。

 

焼き餃子の味はジューシーって感じです。食べてる人が多いからなんとなく分かるかもしれんが。まあ餃子と言えば日本人じゃ焼き餃子ですから。

 

そんな事はどうでも良いが

焼き餃子用は薄くコシは有りませんからパリッとした感じになるんです。

 

 

f:id:yuu1985t:20170515215104j:plain

 

それに対して水餃子はもちもちです。

このもちもち感も病みつきになります。

 

単純に水餃子は厚目でしっかりとしたコシが有るのが特徴だから

もちもちしてるんです。

味は焼き餃子よりもすっきりであっさりな味ですかね。

 

ですから、注意して欲しいのは焼き餃子用の餃子や皮を使用して手作りで水餃子を作ろうとしても皮が薄いので破けて悲惨なことになるんです。

焼き餃子用の餃子茹でれば水餃子がうまく出来るなんて事はないんです。

 

水餃子作るなら必ず皮の厚い餃子にしないともちもちした水餃子は出来ません。

茹でのコツなどは後ほどお伝えします。

 

 

ブログ管理人へのお問い合わせは
yuu915s@gmail.com